税理士に英語が必要なの?

税理士のオーディション?

日本には納税の義務があります。ですから、税理士の仕事がなくなるということは無く、需要が衰えることはほぼありません。しかし、現在税理士の数に対して案件が少ない、つまり、税理士が飽和している状態だと言われています。特に、人口が密集している一都六県をはじめとする都市部では、すでに経験を積んだ謂わば「手練れ」が溢れていると言っても良いでしょう。
つまり、芸能界でいうところの「オーディション」のようなことが起こっているということです。仕事を取るためには、他の人よりも優れた「何か」を持っている必要があります。そして昨今、税理士に求められているのが「英語力」。国内に拘らず、世界に羽ばたいていくことができる力を持った人が、今求められているのです。

だからやっぱり英語が必要

ここで朗報です。英語が使える税理士はそうではない税理士に比べて年収が高いと言われています。これは、単純に英語が使える分海外の情報収集が容易だったり、海外企業もクライアントとして取引することができるようになるからです。国語力としての説明能力や他国の税制についての法律等を理解しておくと更に重宝されるでしょう。
海外の企業相手に日本の税制の仕組みなどを翻訳して説明できるようになれば、間違いなくクライアントからの信頼を勝ち取れるでしょう。経営者との税務コンサルティングも英語で行えれば、仕事の幅は一気に広がります。加えて日本国内の最新情報についても英語で説明できるようになれば完璧ですね。
国内のみで仕事をするつもりでも英語力との縁は切れません。就職した企業にIFRS(国際財務報告基準)が導入されていたら、情報収集のために英語力が必要になってくるからです。税理士は英語を勉強しておいた方が何かと得なのです。


Shear!

B!